なんでもないことやイベントのお知らせ。
必要なところに
2018-07-17 (火) | 編集 |
先日の豪雨により被災された皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。

予想以上に大きな災害となり
また、日ごとに判明していく爪痕の大きさに
言葉を失います。

豪雨から10日が経ちますが、
今なお避難生活を送られる方々、
後片付けに追われる方々が
必要な物や休息をきちんと得られますように…。



以前もお伝えしましたが
8月に京都でのイベントに出展予定です。
詳細は決まり次第お知らせいたします。

他にも心に響くセッションをなさる
様々な出展者さんがおられると
過去の開催から予想しています。
(*現時点では出展者は未発表)

いま苦しい思いを抱えておられる方に
必要な癒しや言葉が
届くと良いなと思っています。

もちろん他にも
選択に迷っている、気分を変えたい、
よく分からないけどなんだか興味がある、
そんな方々にも楽しんで頂けると思います。



高槻では今朝も少し揺れました。
昨夜は揺れ自体は感じなかったものの
地震の時に起こる「音」で反射的に緊張が走りました。

先週も同じような感じでしたので
しばらくはこんな風に小さな地震が続くかもしれません。

大自然の動き、エネルギーの前に
ニンゲンはやはりちっぽけな存在なのだと
あらためて感じます。

被災地のニュースで
ワンちゃんを抱えて避難する方を複数見かけました。
猫ちゃんの場合はその性質上
とっさに隠れてしまうコが少なくないと思うので
大丈夫だったのか気になります。

豪雨から数日後、
ある方がおうちの片づけをしている最中に
飼っている猫ちゃんがおうちに帰ってきたところを
やはりニュースで見ました。
嬉しそうにしている猫ちゃんと
とても喜んでいらっしゃるおうちの方に
胸が熱くなりました。

高槻の震災発生時にも
おうちから飛び出してしまった猫ちゃんがいたようです。
もしまだ見つかっていないとしても
室内外の猫ちゃんの場合は
そう遠くへは行かないと言われています。
おうちの近辺にいるかもしれません。

今おうちから離れている人間の皆さまも
人と暮らす動物たちも
それぞれが安心できる場所に
一日も早く帰れますように。





スポンサーサイト
テーマ:癒し・ヒーリング
ジャンル:心と身体
その後のその後
2018-07-04 (水) | 編集 |
あれから2週間が経ちました。

被害の少なかったうちの周辺でも
修理を要する家屋はちらほらとあるようで
業者さんなどがよく見かけられましたが
それもだんだん落ち着いてきています。

それでもお隣の屋根はブルーシートがかけられて以降
手つかずの様子です。
屋根瓦の落下、損壊はあちこちで見られるので
補修も順番まちなんだろうと想像しています。


目立った余震は数日間だったので
少し喉元すぎて油断していた一昨日の午後、

突然大きく揺れてまた心臓止まりかけました

と言っても震度2だったんですが
ビビる心が少しの揺れも
大きく感知してしまうんでしょうね

大雨被害なども懸念されますし
もう少し油断してはならないと肝に銘じつつ
平常運転しています。









その後
2018-06-21 (木) | 編集 |
先日の大きな地震から丸3日が経ちました。
幸い日ごとに余震が減っているようで
気持ちも落ち着いてきました。

でも「一週間は同じ規模の地震が起こるかも!」
と、テレビ等でさんざん言われてますもんね。
もうちょっと油断はしないでおきます。

高槻市内の水道は飲めるレベルまで復旧したと
昨日の午前中にお知らせがありましたが
マンションの貯水槽がやられる等して
水が出ないお宅もあるそうです。
市の応急給水は終了したとのことですが
そういうおうちは大丈夫かしら…。

一昨日どこも売り切れだったペットボトルのお水、
今朝行ったお店にはたくさん並んでいました。
必要な方々の手にきちんと渡りますように。

ガスも次の月曜に全戸の復旧を目指すとのことで
水道やその他支援も含めた
関係者の方々のご尽力に本当に頭がさがります。

地震によって地盤が軟らかくなり
土砂災害の危険性が高まっていると聞きました。
これ以上の被害が出ないよう、切に願っています。



お知らせが遅くなりましたが
私も平常運転に戻り、
今日からセッションも行っております。
何かありましたらご遠慮なくメールをお送りください。









地震のこと
2018-06-19 (火) | 編集 |
6月18日朝、大阪北部を震源とした地震で
怪我をされた方々の一日も早いご回復とともに
命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします。


発生時、私は高槻の自宅にいました。
揺れた時間は長くなかったと思うのですが
恐らく多くの人がそうであったように
阪神大震災のときに感じた恐怖を
ハッと身体が思い出しました。

震源地が高槻と発表されたため
最近連絡が取れてなかった方などからも
心配のご連絡をいただき、
ただただ有り難いです。

私の知る限りですが
うちの近辺では幸い目立った被害はなく
断水も一時的なものでした。
同じ市内でも道路が陥没したあたりの地域の方は
水もガスも止まって大変みたいです。


昨日の大きな揺れの直後、
心臓のバクバクが鳴りやまぬまま
避難できるよう準備を整えました。

今のところその必要がなく助かっていますが
まだ予断は許さない状況ですので
猫のキャリー等も含めた
非常用の持ち出し荷物一式、
まとめて玄関の近くに置いてあります。


高槻市内の災害情報については
市のウェブサイトで大体分かります。
高槻市ホームページ

一時はサーバーダウンがあったようですが
今は普通に見ることが出来ます。
市のツイッターは情報があまり無いように感じます。


豊中や箕面なども被害が大きいようですね。
西宮でも大きな揺れがあったと聞きました。
みなさまどうぞお気を付け下さい。








そういえば乗ったのです
2018-06-15 (金) | 編集 |
ずーっとほったらかしにしていた
画像の整理をしていたら
ひょんなことから乗ることになった
「トワイライトエクスプレス」の中で
撮影したものが出てきました。

当時「トワイライトエクスプレス」の市場価値(?)も知らず
ふーん、まあ寝台列車なんて乗ったことないし
経験してみるのも良いかもね

くらいの気持ちで大阪から乗り込みました。
北海道へ母との二人旅です。

案内されたのは小さな個室で
窓辺に小さなテーブルとイスがひとつ、
そして広げるとベッドになるソファがひとつ、
あとトイレにシャワーだったかな?
なんかうろ覚え…
しかも室内の写真はこれしかありません。

te bed

ソファを広げてベッドにした様子。
もう10年以上前だったんだな~。

このサイトに載っている写真で確認できたのですが
A寝台「ロイヤル」という個室でした。

当時のガラケー(手元にある)の中に
他の写真も入ってるかも…
でもそのガラケー、
SDカードを入れるところが壊れていたので
電源が入っても画像は取り出せないかも

いかんせん
「よくわからんけど寝台列車」という認識だったので
乗車券を撮影したり半券が残ったりもしてないし
(返してもらえる半券があったのかさえも覚えてません)
しかも↑の写真に写っているパンフも手元になかった
持って帰らなかったのかな?
アメニティとスリッパは持って帰った記憶があります(←貧乏性)

なので証拠はないっちゃないのですが、
本当に乗ったんですよ



室内はこれだけですが、食堂車での写真はありました。
それは次回次の機会に…
ひっぱるほどのものでもないのですが
続けて載せると長くなるかと思いまして







テーマ:鉄道の旅
ジャンル:旅行