なんでもないことやイベントのお知らせ。
メダルより納得
2012-08-08 (水) | 編集 |
ロンドンオリンピック、体操の競技が全て終わりました。

男女合わせて全ての種目の中で
私が一番みたいのは「女子・ゆか」。

平均台や平行棒などのように
落下の可能性にハラハラしなくてもいいところに加えて

華麗な美しさと力強さを併せ持っている
女性ならではの魅力が感じられるのが好きなのです。

そして種目別決勝はそのスペシャリストたちの集まり。
特に「ゆか」はどうしても全部見たかったので、
昨夜だけは珍しく夜更ししました。ねむ~

(夜型の友人いわく、
1時やそこらでは夜更かしとは言わないとのことですが)

先述のとおりスペシャリストばかりなのですが
平均台では落下が、ゆかではラインアウトが相次いで
オリンピックの魔物はこれか~と実感。

でもどれもこれも素晴らしい演技でしたね。

前日までの競技でも
男子・ゆかに出ていた内村選手、
女子・段違い平行棒に出ていた鶴見選手。

どちらも素人目にはほぼ完璧に見えたし、
終わった後のご本人たちにもやりきった感があり、
さわやかな気持ちが伝わってくるようで
とっても良かったです。

特に内村選手の最後のアクロバットでは
ピタッと吸い付くような着地で
観ているほうも思わず「おお~!!」

彼が種目別でもメダルを獲得したのは
それはもう本当にスゴイことですが

メダルはなくたって、
ご本人が「やり切れた」と思うのが1番だと思います。

田中選手(弟)は少し悔いの残る演技だったようですが
まだ次もあるしね!


そして今日からは夏の甲子園

私の好きなこの二つのスポーツが
ひとつが終わった日の翌日からもうひとつが始まるという
図ったようなスケジュールでラッキー

もし日程が重なっても、時差のために放送が重なることはありませんが
気持ちをひとつに集中させられます。
それに選手たちの気持ち(表情)に一喜一憂してしまう私には
いっぺんに観るなんて体がもちません

高校野球は日中なので(あっつい中大変だぁ)
もちろん全て観ることはできませんが
そこはほら、かの熱闘甲子園で~

これからの2週間も楽しみです♪


関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: