なんでもないことやイベントのお知らせ。
この日に考える
2013-03-11 (月) | 編集 |
あの日からもう2年。
今も避難生活を続けていらっしゃる方々や
仮設住宅にお住まいの方々、
ご家族・ご友人を亡くされた方々には
とても長い2年だったかもしれません。

本当に大きな、大きな災害でした。
2年前にたまたま被災を免れた私たちが、
今、できることは何でしょうか。

これまでと同じく
ボランティア活動やお金・物資の寄付など
被災地に直接かかわることも大切でしょう。
(*ニーズや受け入れについては
 事前に各県に確認してください。)

被災により一度は中止したものの
なんとか再開にこぎつけたメーカーさんの商品を買う、
というのもひとつの支援です。

しかし、様々なご事情やお考えから
どれもできない、あるいはしたくない、
という方もいらっしゃるかもしれません。
私自身も含め、目の前の生活で
いっぱいいっぱいになるときもあるでしょう。

また、折に触れて行う協力も
もちろん大きな力になると思いますが、
一方で、何か継続してできることもあるのでは…。

被災地の現状、被災者の方々の思い、政府のやり方など、
メディアを通して見聞きする程度の情報しか知らず、
災害やその対応に詳しいわけでもない私ですが
小さい脳みそをフル回転して考え、考え抜いて出した
今ひとりひとりができること、の自分なりの結論は

「ほんの少しでもより良い日本にしたいという《思いを持つ》」

ということでした。

日本というのは国という意味でもあり、
被災地も含めて日本に暮らす人々という意味でもあります。
「日本」と限定しなくとも「世界」「世の中」など
表現/対象はいろいろあります。

何をもって良しとするかはそれぞれ違う、と腑に落ちないなら
「みんなが笑顔で毎日を過ごせる世の中に」
という思いでも同じことだと思います。

さらにアニマル・コミュニケーターとしては、
人間と関わりの深いコンパニオン・アニマルたちにとっても
心地よい世の中にしたいという思いや、
厳しい境遇に置かれているコや人為的に失われる命が
今より少しでも減ってほしいという願いがあります。

ワンちゃんや猫ちゃん、うさぎさん、フェレさん…
彼らのつぶらな瞳が大好きなアナタも
同じ思い、そして願いをお持ちかもしれませんね。


世の中がより良くなれば良いな~って思っているだけで、
小さな愛のエネルギーが伝播するような気がします。

あるいは、これまで被災した方々や動物さんたちへの思いはあれど
寄付やボランティアの考えは賛同できない、という方も、
より良い世の中、素敵な世界にしたいという観点で見ると
もっと違うの方法での支援を思いつくかもしれません。

世の中を良くするためには、まず自分が楽しくならないと!
と心から思ったとすれば、
ご自身の楽しいことを見つけることが
長い目でみれば世の中への貢献と言えます。


私たちひとりひとりの《思い》が
日本を、世界を、世の中を良くするのではないか。

そんな考えもあるのだとちょこっとお伝えしたくて
メルマガやブログに書かせていただきました。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:こころのままに
ジャンル:その他
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: