なんでもないことやイベントのお知らせ。
発症初期・2 *杏の場合
2015-11-06 (金) | 編集 |
杏が初めての発作を起こすまでに気になったことを
「発症初期・1」でお伝えしましたが
さらに特筆すべき行動として
床や壁を舐めるというのがありました。
(「異嗜」や「異食」と呼ばれる行動だそうです。)

最初は浴室の床を舐めていたのですが、
飲み水は3か所用意してあり
杏はどれも飲んでいたので
“水好き”としては舐めてみたいだけだろう、
と思った程度でした。

しかし石鹸カスなどがあるかもしれないので、
換気の為に使用時以外は開けていた浴室のドアを
杏が入れないよう閉めておくことにしました。

すると今度は玄関の三和土(たたき)を舐めるところを目撃。
そこに杏が気になる何かがついていたのかと思って
拭き掃除をしても結果が変わらなかったので
浴室と同じく衛生上の心配から
玄関に出られないようゲートを設置しました。
(ゲートについては別記事→「猫脱出防止用ゲート」)

その後土壁、フローリングと
舐めるところは変遷していきました(汗)
このことから考えると、
初めのお風呂場についても水が目的じゃなくて
タイルとタイルの隙間のモルタルが舐めたかったのでしょう。
三和土にも同じような目地があります。

フローリングについては舐める箇所が決まっていたので
そのあたりをきれいに保つように気を付けました。

土壁は原料などが分からず安全性に懸念があったので
やはり舐めないための策が必要だと思いました。
そこで、ネットで調べた情報を参考に
百均のテーブルクロスを貼ってカバーをすることにしました。
同じようなことでお困りの方は結構いらっしゃるようです。

土壁(あるいは砂壁、コンクリートなど)を舐める理由として
『ミネラル補給しようとする反応』と聞いたことがあり
そのとき診てもらっていた獣医さんに尋ねてみると
「まずそんな(理由で舐める)ことはない」とのことでした。


のちにごはんが食べられるようになり
一時的に元気を取り戻したときは
床や壁を舐めることはしませんでした。

しかしその後また食欲が落ち始め
調子が悪くなってきたな…と思うころに
フローリング舐めが再開したので、
FIPによる神経症状か
あるいは体調変化による杏の身体の防御反応などに
関係があるのかもしれません。





関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット
コメント:
この記事へのコメント:
うちも
いつもブログ拝見しています。
うちのレオもFIPで亡くなる前に、猫砂を舐める事がありました。
舐めるというより、砂のうちのある種の色のみを噛む感じでした。
獣医に相談しましたが理由は分からないとの返答でした。
今にして思えば病気と関係があったのかも知れません。

辛いお記憶を書いて下さり有り難うございます。
2015/11/06(Fri) 18:58 | URL  | レオのおかん #mQop/nM.[ 編集]
Re: うちも
”レオのおかん”さん、
お返事遅くなってすみません(>_<)

レオちゃんも「異食」があったんですね。
噛む砂を選んでいたということなので
レオちゃんにしても杏にしても
砂や土に含まれる特定の成分に反応したのかもしれませんね。
フローリングはまた違う理由かもですが…

私も記録しておきたいので書かせて頂いています。
ご覧くださってありがとうございます。

2015/11/11(Wed) 15:28 | URL  | 動物と話すヒト #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: