なんでもないことやイベントのお知らせ。
猫のおむつ・2*杏の場合
2016-06-16 (木) | 編集 |
「猫のおむつ・1」の続きです。
優秀なおむつですが、しっぽ穴からダダ洩れちゃいました

その状態だったらおむつの意味をなさない…
じゃあしっぽ穴に到達するまでに尿を吸い取れたら良いんちゃう!?

わずかなひらめきとネットの情報を駆使して
市販の吸水パッドを用い、
いくつかの試作を経てできたのがこちら↓


…とか言って、実はこれも写真撮っていないんです、ハイ
(そんなんばっかりでスミマセン)
なのでゲートの時と同様、図解を作りました。
(クリックで拡大します)


diaper.jpg

切り込みを入れるときは
パッドの粘着面についている剥離紙の上から目印をつけ、
剥離紙ごと切り込むとやりやすいです。
剥離紙がパッドの包装材と一体化しているものは
包装材の上から施します。

その後、剥離紙を切り込みより少し下までめくって
粘着面に図のようにホワイトテープを張り、
すぐに使わない場合は剥離紙を元に戻します。
(加工した穴の周囲は剥離紙に引っ付きません)

すぐに使う場合はおむつの中に貼り付けるのですが
この時おむつのしっぽ穴とパッドに作った穴の位置を合わせるようにします。

実は“たたき台”として念のため試作品第一号だけ撮影したのですが
貼り付けたときの感じはそれでなんとなくお分かり頂けるかもしれません。
(クリックで拡大します)

shisaku.jpg
*吸水パッドの端っこ(吸水性のない部分)を切り落として
しっぽ穴の下側に張り付けただけのもの



ちなみに初めは生理用品を使おうかと思いましたが
ドラッグストアなどで隣に並んでいる吸水パッドの方が
それ専用なので安心じゃない?と思い直してそちらにしました。

さらに吸水パッドにも使いやすい条件がありました。
・身体が小さい杏用なので全体の長さができるだけ短いこと
・加工しても吸水性を保てる程よい厚みのあること
・無香料もしくはできるだけ香りが弱い(気になりにくい)もの

何種類か使ってみましたが
これらに完全に合致するものは見つからなかったので
最終的には一番近いこれ↓をヘビロテしてました。

paddy.jpg
花王「吸水セーフティ」少量用


これでしっぽ穴からの漏れもなくなり、
排泄があったとき中のパッドだけ取り換えれば
おむつそのものを毎回捨てる必要はないので
コストも抑えることができました。

ただしこのおむつは使い捨て前提なので耐久性はあまりなく、
蒸れ等による雑菌の繁殖も心配なので
大体1.5~2日に一度は新しいものに取り換えていました。

排泄ごとに取り換える吸水パッドは1日4~5個消費します。
なので日々コツコツと加工します(笑)
これも杏との生活のルーティンワークの一つになりました。

diapan.jpg
ちょっとしんどいあんちゃま
足の上にもたれかかってます



*ご覧の端末によって画像が横になったりするかもしれません。
タブレットで撮った画像をこのブログに載せると起こる現象のようです。
色々調べて色々やってみたけど解決できていません(-_-;)





関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: