なんでもないことやイベントのお知らせ。
ねっとうになみだ
2011-08-15 (月) | 編集 |
私はスポーツが苦手です。
するのも観るのも覚えるのも、得意ではありません

オリックスがセリーグなのかパリーグなのか
何度聞いても覚えられず、

1週間前にテレビで観たボクシングの試合も
どっちがチャンピオンだったか、
そしてどっちが勝ったのかを忘れ、

(しかも「タイトルマッチ」という言葉が出てこず、
「チャンピオンシップ」と言ったことも

野球の「スクイズ」は
「ホームに帰ってくる"送りバント"」だと理解するまでに
7回は相棒に質問しました。
(この理解すら合っているか自信がない始末)

もともと記憶力がピンチなのに、
スポーツのことはさらに覚えられない。

要するに、おそらく多分、
スポーツに興味があまりない…ようです。


そんな私が楽しんで観ている数少ないスポーツのひとつが
夏の高校野球


先述のスクイズのように、よく知らないこともありますが
親がよく野球を観ていたし、子供のころに「タッチ」も読んだので
大体のルールは分かります。

ただ、試合そのものを楽しむというより
選手たちが一生懸命がんばる姿が感動的で
つい観たくなるのです。

独特のおもしろさももちろんあります。

若い選手たちは経験が浅いがゆえに
動揺や喜びがプレーに分かりやすく反映され、
試合運びや結果が予想外の展開になるのも見所。

でもやっぱりそのひたむきさ、一生懸命さに
魅力を感じる人は少なくないでしょう


もうすぐベスト8が出そろいます。
このころになると毎年
「今年の楽しみもそろそろ終わりか…」とちょっぴり寂しくなります。

そして今夜も「熱闘甲子園」を観ていろいろ感動し、
涙するのです
(視聴後の涙率100%)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:高校野球
ジャンル:スポーツ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: