なんでもないことやイベントのお知らせ。
とれる短所
2011-12-23 (金) | 編集 |
バイオ洗剤「とれるNO.1」はとても素晴らしく、
前回は優れた点をたくさんご紹介しました。

え~?そんなに良いこと尽くめ??
何か欠点はあるんじゃないの??
と思われたアナタ。

そんなことはありません!


…といいたいところですが
「とれるNO.1」にも欠点というか、短所はあります。


それはにおい。
米ぬかの発酵臭らしいのですが、ちょっと独特のにおいがあります。
例えるなら納豆に近い。と私は思います。

掃除の後10~20分で消えるし
におい自体も私は平気なのですが
どうしてもダメなのよ…というお友達もいました。

そんな声に応えた「レモンの香り」バージョンもあります
レモングラスの芳香蒸留水で香り付けしてあるそうです。
個人的な感想では、そんなに「レモン」っぽくはありませんでしたが
独特のにおいは軽減されていました。

また、粉末タイプなら納豆でなく穀物っぽいにおいなので
においの気になる方も使いやすいと思います。

うちではこの粉末タイプ
衣類やスノーケリングシューズなど水洗いできるファブリック製品の
頑固な汚れやにおい落としに使っています。


もうひとつは価格。
「洗剤にこの値段!?」と思われるかもしれません。

ただ、使うのが少量で済むのでコスパは良いと思います。
使用頻度や使用エリアの大きさによりますが
ウチの場合は500mlのボトル1本で1年半はもちます


もしご興味をもたれたら、是非一度お試しください。
アナタの掃除ライフが安心&ラクチンでありますように





関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: