なんでもないことやイベントのお知らせ。
改めて感じたこと
2012-03-11 (日) | 編集 |
もう一年が経つのですね。

午後2時46分には、日本の各地が
沈黙に包まれたことと思います。

被災地から近くない大阪にいても
祈らずにはいられない瞬間でした。

何を、というのではなく
ただ大いなるものの力がみんなを幸せに導いてくれるよう…
被災された多くの方々の心に平安が訪れるよう…
そんなふうに、ある意味漠然とした想いでした。


少し前に何かで見た言葉がとっても腑に落ちました。

「人は、豊かになるほど不満が増える。」

食べるものがあって、住むところがあって、着る服がある。
しかも充分に。

これってとっても幸せなことなんだと
去年の震災以前から、実感するようになっていました。


震災でそういった基本的な衣食住さえ失った方々がたくさんいらして
しかもご家族を亡くされた方もとってもたくさんいらして
本当にお気の毒なことと胸が痛みます。

一方で今回被災を免れた私たちは、
物質的な「豊かさ」でなく
心の「豊かさ」に目を向けるときだと
教わったのではないかと思います。


テレビで流れた被災者からのメッセージ。

「『絆』、『頑張れ』…もう聞きたくない。
 私たちは充分に頑張っている。」


ハッとしました。
そうか…と。

私も「頑張れ」と人に言うのは気が進みません。
そういう人は少なくないでしょう。

でも『絆』という言葉さえ、ご負担になるのですね。

「『絆』をキーワードにみんな頑張っているんだから
 アンタたちも頑張りなさいよ。」

と聞こえるのかもしれません。


見守りながらも静かな支援をしていく…

大事な家族、友人に対して想うこの気持ちややり方は
被災者支援にも通ずるものなのですね。

1年経った今、
自分にできることを改めて考えています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: